調剤薬局 株式会社 第一薬局

調剤薬局 株式会社 第一薬局

  • 更新履歴
  • 会社案内
  • 店舗紹介
  • お役立ち情報
  • リンク
  • サイトマップ
トップページ>取組み

医師による訪問診療、看護師による訪問看護と同じように薬剤師にも患者さまのもとに訪問するサービスがあるのをご存知でしょうか?
第一薬局は『家族と安心して暮らしていける地域』をつくるために積極的に薬剤師の訪問薬剤管理指導に取り組んでいます。
医療・介護保険制度を利用して、薬剤師の訪問サービスが受けられます。(介護保険の利用限度額には含まれません)


このようなことありませんか?


  • お薬の
    管理が
    できない
  • 何に効く薬か
    わからない
  • 錠剤をつぶして
    飲んだりして
    大丈夫?
  • たくさんの種類の薬、
    飲んで大丈夫?
    飲み合わせは?
  • 飲みづらい、
    飲んでくれない
    服薬の介助に
    時間がかかる
  • 飲み忘れてしまう

お薬のプロだからできること

薬剤師の訪問はただお薬を配達をしたり、飲み方の説明をするだけではありません。
お薬のプロの目線で安心、安全な薬物治療をサポートします。

1.お薬をつかいやすく

お薬には光や湿気に弱いもの、一緒に組み合わすと化学変化をおこすものもあります。一包化したり、錠剤をつぶしたりできるかなど薬剤師がしっかりチェックしてお薬を管理しやすいようにサポートします。

必要に応じて
「投薬カレンダー」や「服薬BOX」もご提案

2.お薬を安心して

「お薬の量が適正か」「飲み合わせは大丈夫か」「飲みやすい剤形、大きさか」などのチェックをすることはもちろん、患者さまの様子や何気ない会話、生活状況などから「薬の効果がでているか」「副作用などがでていないか」などもチェックし、医師と連携をとります。

お薬の副作用により口渇や苦みを感じたり、嚥下機能が低下する場合があります。

夜間頻尿は睡眠にも影響する重要な問題ですが、年齢によるものと安易に考えられがちです。 抗コリン作用 : 膀胱平滑筋弛緩により尿閉、便秘、無汗などの副作用チェック。

睡眠薬・安定剤に対し不安をもち自己判断で調節したり、逆に頼り過ぎて過量投与になる場合があります。不眠症のタイプにあった睡眠薬のアドバイスをします。

3.チームでサポート

各専門職とも連携をとりチームで患者さまの在宅での療養をサポートします。

訪問までの流れ

「居宅療養管理指導」の負担金は?

お薬代の負担金とは別に下記の管理料が必要となります。(H26年 4月現在)
  • 単独患者さま訪問
  • 503円/回
  • 複数患者さま同時訪問
  • 352円/回

  • (施設訪問など)
   
薬剤師募集案内